お知らせ

新型コロナウイルス感染症への取り組みについて

2020/10/01(木)

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
ホテル熊本テルサでは、今般の新型コロナウイルスによる感染症への対策として、お客さまならびに従業員の健康と安全を第一に考え、またお客さまに安心してご利用いただけますよう、以下の対策を行っております。
お客さまには何卒ご理解ならびにご協力を賜りますようお願い申し上げます。

【館内の取り組み】

  1. アルコール消毒液の増設
    各玄関や各フロアエレベーター前、フロント、レストラン、化粧室等に消毒液を増設し、お客さまがよりご利用頂きやすい環境整備に努めております。
    ご来館されるお客さまにはまずアルコール消毒液で手指消毒して頂きます。
  2. 定期消毒・換気の強化
    ドアノブ、扉、エスカレーターの手すり、エレベーター内のボタン、化粧室の扉等、お客さまの触れる機会が多い箇所のアルコール消毒を適宜実施しております。
    また、室内温度に注意しながら、こまめに換気をして密閉を防ぎます。
  3. 接客時のマスク着用
    お客さまの健康と安全ならびに公衆衛生を考慮し、スタッフ一同マスクを着用しております。
    フロントカウンターではお客さまとの直接対面を避けるためにアクリル板を設置しております。
  4. レストランにおけるサービス方法の変更
    1階のレストランにおいて、入店時アルコール消毒液で手指消毒して頂き、ご来店者全員の検温をさせて頂きます。
    また、居住地確認のため住所・電話番号を記入していただきます。
    当館ではバイキングスタイルで飲食をご提供しております。
    お食事されるときまではマスクを着用して頂き、お料理を取る際使い捨てビニール手袋を着用してトングをご利用ください。
    座席にアクリル板を設置し「密接」を避ける。座席の間隔を空け「密集」を避ける。室内温度に注意しながらこまめに換気し「密閉」を避ける。
    この3密を回避することに努めております。
  5. 入館者への検温の実施
    チェックイン時においてはご宿泊者様全員の検温とご本人様確認(免許証などのご提示)を行っております。ご本人確認は同行者も含め全員に身分証明書のご提示お願いしております

【従業員に対する取り組み】

  1. 出勤時の体調チェック
    体温の確認と手指の消毒を徹底しております。また、本人に風邪の症状(37.5度以上の発熱、せき、息苦しさ、筋肉痛や倦怠感)がある場合は速やかに報告し、症状回復後2日間が経過するまで自宅待機としております。また、家族等身近な方に感染疑義がある場合も同様の対応をいたします。
  2. バックスペースにおけるアルコール消毒液の増設
    事務所入室や化粧室の使用後に、必ず手指の消毒を行うようアルコール消毒液を増設しております。小まめな手洗い、うがいを心掛け、人混み等外出時にはマスクの着用をするよう指導しております。
  3. 不要不急の外出・会合出席の自粛
    従業員の不要不急の出張を禁止するとともに、海外渡航の禁止、不特定多数が集まる集会・イベントや職場単位での会食・会合への出席などを自粛するよう指導しております。

お客さまへのお願い

  1. お客さまに当施設を安心してご利用頂けるよう、ご来館時マスクの着用、アルコール消毒液で手指消毒へのご協力をお願いしております。
  2. ご旅行前に接触アプリをご登録お願いいたします。
  3. チェックイン時には健康チェックシートの記入をお願いしております(渡航歴や体調状態などお伺いいたします)。
  4. 滞在中のお部屋でもこまめにお部屋の換気をお願いいたします。
  5. フロントでのチェックイン時やレストランでお食事の際は、3密回避のため長時間滞在せず、共有スペースではお話を控えて頂き静かにお過ごしください。
  6. 発熱されているお客さま、また、体調の優れないお客さまは、大変申し訳ございませんが、ご来館をご遠慮頂きますようお願い申し上げます。
  7. 体調が優れないと感じられた場合は、お近くのスタッフまでその旨お申し出くださいませ。

※ご来館のお客さまに熱があった場合、非接触型体温計で確認し、再度脇下などの接触型体温計で測定させていただきます。
それでも熱がある場合はご本人の同意のもと保健所へ連絡いたします。
また、熱がなくても息苦しさや身体のだるさ、風邪の症状がみられる場合は保健所へ連絡いたします。
その間、他のお客様と接触しないよう別のお部屋で待機して頂き、保健所の指示を仰ぎます。

ページトップへ戻る